都市計画法とは?

土地探しをするためには、都市計画法についてある程度知っておく必要があります。都市計画法を知らないで、土地を購入すると、後で建物を建てられない又は開発できない等の思わぬ事態に遭遇することがあります。そうした事態を避けるためにも都市計画法について知っておきましょう。

市街化区域と市街化調整区域の違い

市街化区域は法律において「すでに市街地を形成している区域及びおおむね十年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域」と定められています。市街化を積極的に進める地域であり、住宅や商業施設などが集中…

用途地域とは?

用途地域というのは、市街地を計画的に形成するために、用途別に13種類の地域に分けられたエリアのことをいいます。用途地域ごとに建築可能な建物などの種類や大きさが制限されているため、それぞれに住み心地…

転用目的で農地を購入する際の注意点

農地は農用地区域内農地と甲種農地、第1種農地と第2種農地、第3農地という5つの区分に分類されています。農地法の農地転用許可制度では、農地の立地基準によって転用許可の有無が決められます。5つの区分の…

土地購入

希望の土地が見つかったら、次は契約です。土地探しは契約も重要です。せっかく希望の土地が見つかっても、契約で失敗すると後で思わぬトラブルに巻き込まれることもあります。ここでは契約における予備知識や注意点について記載しています。

仲介会社がいない場合でも契約できる?仲介会社がいない場合のメリット及びデメリットとは?

手続きの手間がかからないメリットがある

土地を購入する際に仲介会社を利用するのは契約時の手間を省くメリットがあります。土地購入の契約は法律の知識が不可欠であり、様々な書類を役所に提出しなければいけません。些細な記載ミスがあっても不備があると見做され、書き直すことになります。その点、仲介会社を利用すれば面倒な手続きを代行してくれるので多忙な人や法律の知識が乏しい人でも購入契約をスムーズに進めることが可能です。また、土地の適正価格を知ることができる他、希望する物件が早く見つかる、購入時のトラブルにも迅速に対応してくれるなど多くのメリットがあります。そのため、初めて土地を購入する人や時間をかけたくない人は仲介会社を利用するのが賢明な選択でしょう。

仲介会社を利用するデメリットの詳細

仲介会社を利用した土地購入はメリットが多い一方、金銭面の負担が大きくなるデメリットもあります。大抵の場合、土地の購入費用以外に仲介手数料も支払うことになるためです。手数料の金額は会社によって異なるので一概にいくらとは言い切れませんが、上限額については法律で決まっています。しかし、稀に上限を超える金額を請求する悪質な会社もあるので注意しなければいけません。また、土地の金額と実質的な価値に大きな差が生じているケースもありますが、地価や法律の知識が乏しいと正確な価値を知るのは困難です。その点を利用して価値の低い土地を高く売りつける悪質な会社もあります。仲介会社を利用する際は利用者の評判や会社の運営実績などを調べて慎重に判断することが大切です。